読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

希一の新着の指摘

希一のブログ

内製に切り替えるため大型プレス機を導入。

希一です、外部調達も増やす。
1次サプライヤーとして約30社を認定。
現地工場を持つデンソーなど日系メーカーのほか、大型プラスチック部品のマンリー・プラスチックスや車体部品のバレリー・プロダクツ・マニファクチュアリングなど地場勢、約10社から調達する。
日本の部 品メーカーも誘致した。
ブレーキチューブを手がける臼井国際産業は現地で倉庫を借り、新たに生産拠点を設けた。
日本から部品を運び、最終工程である曲げ作業を技術者3人で手がける。
フィリピンの新車販売市場は急拡大している。
2016年は前年比25%増の40万2461台で10年前の4倍となった。
ただ、伸びたのは輸入車が中心で、現地生産車の比率は26%に低下した。
ASEANでは10年、フィリピンを含む先行6カ国の域内関税をほぼ撤廃した。
このためタイなどから完成車が流れ込んだ。
比政府は輸入車拡大に伴う貿易赤字の削減と雇用の受け皿となる工場誘致を狙い、16年に自動車生産振興策を導入。
現地調達比率などの条件を満たした3車種に最大270億ペソの優遇措置を講じることを 決めた。
対象となったのが、三菱自のミラージュとトヨタ自動車の小型セダンヴィオスだ。
トヨタの工場ではヴィオスとミニバンイノーバを組み立てており、18年半ばから優遇対象となる新型ヴィオスを生産する。
タイ製の車体部品を内製に切り替えるため大型プレス機を導入。
運転席と助手席の間のセンターコンソールなどの現地調達も増やす。
もっともエンジンなど基幹部品も現地で調達できるタイと違い、フィリピンで生産できる部品は限られる。
比貿易産業省によると、車1台の製造コストはフィリピンが約170万円でタイより20万円近く高い。
それはそうとして、「ビューテリジェンスの美顔器」について。
ビューテリジェンス美顔器
『NEWAリフト』を、たるみがちなあごの下から、耳の下まで当ててお手入れをしましょう。
お手入れは全体的に下がった皮膚を、上の方向へと引き上げる気持ちで、トリートメントを行います。
皮膚は全身がつながっていますので、たるみは全体的に引き上げていきましょう。
アゴのラインからエラの部分へと引き上げて、エラから耳へと持ち上げるようにトリートメントをして、アゴのラインもスッキリとさせていきます。