読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

希一の新着の指摘

希一のブログ

外国人を雇うことで低くしてきた労働賃金が規制強化で上昇するのは確実だ。

希一です、むくみに関して言えば、早い段階で効果を実感した方が多かったです。
また、短期的な効果でだけではなく、しっかり長期的に使い続けることで血行促進を促していったせいか、肌の色や艶も変わってきて、なんとセルライトのデコボコまでが減ってきたという口コミもあった。
セルライトに関してはさすがに短期間での改善とはいかなかったみたいで、しばらく日課にして、リファカラットを使い続けたら効果を実感できた!……と喜んでいました。
リファカラット
最初は「リファ カラット」の件でした。
では情報を切り替えて、同じくゴム手袋大手コッサン・ラバー・インダストリーズも3千人近い外国人労働者の抑制に動く。
首都近郊で夏ごろの稼働をめ ざす新工場に自社開発した自動包装設備を初めて導入。
従来5人でしていた作業を1.8人でできるようにする。
養鶏大手レイ・ホンは日本の生産技術の導入を進める。
日本ハムとの合弁会社NHFマニュファクチャリングは18年をメドに、イスラム教の教義に合致したハラル食品を製造する工場を開設。
人手に任せていた工程の機械化に重点を置く。
各社が省力化に動く背景には、マレーシア政府の政策転換がある。
政府に登録して働く外国人の数は210万人と11年比で35%増えた。
このほかに200万人の不法労働者がいるとされ、不法を含めれば労働者の4人に1人が外国人となる計算だ。
その出稼ぎ労働者の扱いが人権に反すると批判が強まった。
最低賃金の違反や逃亡を防ぐ旅券没収が横行し ているとされる。
国務省は人身売買や強制労働の送り先になっていると非難。
放置すればマレーシア製品の不買運動に発展するとの懸念が政府に根強い。
アジアでは工場の省力化でコスト競争力を高める動きも広がる。
マレーシア政府内でも出稼ぎ依存が続くことへの危機感があり、抑制に軸足を移した。
最低賃金を引き上げ、不法就労や基準を下回る賃金の取り締まりを強化。
外国人の雇用1人につき年1500リンギから2500リンギの人頭税を企業が全額負担するように求め、給与からの天引きを禁じる方向だ。
日本貿易振興機構によると、マレーシアの一般工場労働者の月額賃金は345ドル。
1人当たり国内総生産が同国の6割にとどまるタイと同水準だ。
外国人を雇うことで低くしてきた労働賃金が規制強化で上昇するのは確実だ。